前書き。

今日の記事長めです。

ノルディスクのタープをお使いの初心者の方には是非注意していただきたい内容が含まれております。

IMG_20151219_131824


そこだけを読みたい方は、赤い字で注目!の所までバァーッ(((( ;°Д°))))とすっ飛ばしてください( ^∇^)

割と大事な事書きました。

なーに、大丈夫さ。

すっ飛ばされたって全然悲しくなんかないさ(震え声)

さて、先日、タイトル通りタープの初張りしてまいりました!

来年の春までなんてとても待てないので突撃!

しかしその前に腹ごしらえしました。

北海道北斗市の久根別駅近くにあるラーメン『陵』。

以前から気になっていたラーメンを頂きます。

これ、何ラーメンかわかりますか?

IMG_20151220_133528

まぁみそラーメンですよね?

ベースがみそラーメンなのは間違いないのですが、実はこのみそラーメン・・・

みそマスタードこしょうラーメンなのです!

どうですか皆さん。

想像したら生唾ごっくんした方と、胸に何かがこみ上げてきた方がいらっしゃると思います。

もちろん好みはあると思いますが、これ、旨いです。

私、みそラーメンは一味かける派なのですが、こしょうとマスタード合います!

今度キャンプや釣りでインスタントラーメン作る時、いつもの味のアクセントとしてやってみたいと思います。

さぁ本題に戻ります。

この日の設営場所は東大沼野営場。

到着したのは14:30頃。

ここ大沼公園は、あの「千の風にのって」という歌の誕生の地だけあり、いつも結構風が吹いています。

暖かい時期の心地よい風は本当に気持ちの良いものなんですが、この季節の極寒の千の風はかなり堪えます。

お墓の前で泣く前に今すぐここで泣いてしまいそうです(((( ;°Д°))))

しかし私もキャンパーとなって3年くらいのキャリアを積んでいます。

なーに心配することはありません。

風向き、日没時間、設営地面の状況を素早く察知し場所を決めます。

『よし、ここにこの方向だ。』

 すると私を歓迎するかのような晴れ間が出てきました。

この晴れ間を3年のキャリアの私は当然見逃しません。

この時の為に集めたギア達を配置。

そしてまず幕をこのように広げます。

IMG_20151220_144205

強風の中、綺麗に且つ上手に地面へ着地させます。

そしてペグ、張り綱、ポール、ハンマーを持って・・・





















あれ・・・





















やっぱりこれどうするんだ(◎-◎;) 

まずポールをの先端を穴に通して、そしてロープを・・・

ロープを・・・

ロープを掛けます。

そしてペグダウン。

ポールを立てる。

IMG_20151220_144740

こうです。

そして同じ様に反対側も同じ手順でやります。

ポールにロープを・・・

ロープを掛け?ます。

IMG_20151220_145236

するとこうなります。

そしてサイドをペグダウンして完成!

IMG_20151220_145800

どうでしょうか。

やはり3年のキャリアが物をいっています。

そしてサッとシングルバーナーに火をつけ、パーコレーターでお湯を沸かします。

IMG_20151220_150601
 
そしてタープの下で旨いコーヒーを飲みながら落ちる夕日を少しだけ眺めるという、女子が失神してもおかしくないシチュエーションをサラッと作ります。(すみません)

IMG_20151220_150749

どうですかこの景色。

至福の一時。

しかしこの時、私はまだコーヒーを飲んでいません・・・

気温の低さと強風でお湯が沸かない・・・

今までの写真ではわからないと思いますが、下の写真のように小さな池や水溜まりなどはすでに凍っているくらい寒いんです。

IMG_20151220_151212

風は湖側から真っ直ぐこちらに吹いています。

そうなんです

私張る方角間違ってるんだと思います・・・

3年間何を学んだんだという話はまた後日にさせて下さい。 

もうすでに日も暮れかかっている。

『まずい・・・』

 挽いた豆を入れ暖かいコーヒーを飲みたい一心で、持ってきていたベンチを倒し、風よけとして使い、お湯を沸かそうとします。

すると・・・なんとかお湯は沸いた! 


豆を入れコーヒーを作ります。

が・・・

パーコレーター・・・

難しい(◎-◎;)

飲み時が今一わかりません(T_T)

豆をいれてから約5分、少し飲んでみます。

お湯です。

色さえほとんどついてません。

10分。

まだお湯。

15分。

ほぼお湯。

20分。

コーヒーの香りと色が少しついたお湯。 

撤収!!

日没、寒さ限界間際。

撤収作業してギリギリでした。

やはり3年のキャリアが生きています。( しょうもなくてすみません)

パーコレーターはこれから研究が必要なので、おいしく入れれる様になったらまたレポしたいと思います。

しかし思ってたよりタープ張るのって難しいんですね(◎-◎;)

そもそも説明書がない。

ネットで張り方を調べてみたけど、私と同じノルディスクのカーリダイアモンドの張り方を説明してくれているのは見つからなかった。

なので全く違うタープの張り方を参考にしてみたんですが、やはり同じ物じゃないと私の疑問が解決できなかった・・・

そこで帰ってきてから調べました。

注目!

ノルディスクのタープをお使いの皆さん!

よろしければ参考にして下さい!

これから大事なお話になります。

そんな事よりノルディスクジャパンの連絡先を早く教えろ!という方は一番最後にすっ飛んで下さい。

私が、ロープ・・・掛ける?・・・などと申しておりましたのは、このタープのポールをつける所ってこうなってますよね?

IMG_20151221_114710
 
 ここのどこにロープをつけるかということで悩んでおりました。

BlogPaint

つまり。

IMG_20151221_114730

なのか。

IMG_20151221_114829

なのかということです。

そこで今回お世話になったのが、ノルディスクジャパンのボビーオカザキさん。

名前をお出ししてよいものか分かりませんがもしもご迷惑であればすぐに言って下さい!

しかし彼はそんな事を言うような人ではないと踏んでおります。(もの凄い勝手)

本当に丁寧で親切な方でした。(私のくだらない質問に真摯に分かり易く受け答えしてくれました)

話戻します。

なぜ疑問に思っていたかというと、送られてきた時に張り綱はこのような状態で来ます。

 IMG_20151221_160624

これは1本のロープです。

その端と端に自在がついています。

その丁度真ん中がこのように結んであるんです。

私はこれで混乱しました(笑)

私はやり方もわからないし、寒いし風強いしで引っ掛けました。

しかしオカザキさん曰く、それで正解らしいのです。

あの輪っかはあくまで予備らしく、さらにはこのロープも実際は予備で考えてほしいと(◎-◎;)

このロープは幕体と同じ材質なので、一般のロープと比べれば強度はそれほど強いわけではないのだそうです。 

同じくあの輪っかも強度はそれほどないそうです。

なのでもしこのロープを使うようであれば、張る時にテンションマックスで張らないでほしいと。

強く張りすぎるとちぎれることがあるそうです。

幕は綺麗にビシッとしてるより、若干遊びがあった方が風にも強いらしいです。

輪っかのちぎれとロープのちぎれの問い合わせは多いんですよと話してました。

そしてもう一点。

購入時に両方のウィングにはロープがついていたと思いますが、これは毎回外してほしいそうです。

やはりこちらも幕と同じ材質なので、雨や雪はもちろん、朝露などでも多少水を含みます。

なので天気悪くなかったからといってそのまま幕と一緒にしまうとカビの原因になるそうです。

そして最後にもう一点。

ポールは幕を横から見た時に、少し逆ハの字に見える様に引いてくださいとのことでした。

いや〜スッキリした!

オカザキさん!重ねて御礼申し上げます!有り難う御座いました<(_ _)>

この事を知らないノルディスクを使ってる人に1人でも多く伝わります様に(ー人ー)

IMG_20151221_120907

因にノルディスクジャパンの連絡先です。

03-5477-3203 ボビーオカザキさん。