今回は季節も季節なので、過去に行ってみて総合的に良かった温泉宿をご紹介したいと思います。

まずご紹介致しますのは、北海道磯谷郡蘭越町湯680にある、月美の宿 紅葉音さんです。

もしこちらのお宿をじゃらん等で探す場合、エリアで北海道➡ニセコ・ルスツ➡ニセコ・倶知安で見つかると思います。

いいお宿をご紹介すると言っているので間違いなくいいお宿なのは確かですが、悪い点を先にお話しておきたいと思います。

まず、クレジットカードが使えない。

そんなに安い宿ではありませんので割とキャッシュを多めに用意しなくてはいけません。

露天風呂と客室露天風呂は天候によって入れない、又は入れる温度ではない場合があるそうです。

実際私は露天風呂の温度がかなり低かった為にまともに入れませんでした。

そして温泉の性質上、服に臭いや成分が残るので、浴衣はまぁいいとしても、私服に着替える際はシャワーで体に残っている温泉成分をよく洗い流してから着替えたほうがいいと思います。

宿の周りには何もないため必要なものは全て買ってから宿へいかなくてはなりません。

これらの事を抑えながら参考にしてみて下さい。

私が行った日はこんな感じの天気でした。

BlogPaint

まずまずいい天気ではありますが、この雪の積もり具合凄いです(◎-◎;)

そしてお宿に到着。

普通であれば宿の顔である立派な門構えを撮るのでしょうが、それよりも気になった方を撮ってしまいました。

IMG_1303

屋根の雪のデカ盛りです。

そしてお部屋のご紹介。

こちらが居間。

BlogPaint
  
なにか人影らしきものが見えているとしたら多分座敷童だと思います(笑)

こちらは寝室。

IMG_1314

客室露天風呂です。

IMG_1309

この客室露天風呂はギリギリ入れる温度ではありましたが、暖まれる温度ではありませんでした。

しかし眺めはいいです。

こちらの温泉の特徴としては、泥の湯華でお湯も灰色。

湯船の底に泥の湯華が溜まっているのでやろうと思えば泥パックもできるかもしれませんが、温泉成分が強いお湯なのでパック等は避けた方が無難だと思います。(特に顔は)

さてお食事です。

このような感じの個室で頂きます。

IMG_1318

座敷童は客室にいるとは限らないようです。

おしながき。

IMG_1321

舟盛りでございます。

IMG_1316

さぁ温泉に入ります。

洗い場。

IMG_1331

内湯です。

IMG_1329

貸し切り状態でした。

IMG_1330

この窓の外に見えているのが露天風呂です。

この内湯から外に出て階段を下りると露天風呂なのですが、外に出てみたら滅茶苦茶寒くて、露天風呂に入ったらプールくらい冷たくて慌てて帰って来た為写真がありません(苦笑)

先に書きましたが、周りには特に何もないので、お酒を飲んでしまうと出かけられません。

なので私食事後はお酒を飲みながら休憩し、温泉に浸かり休憩しを繰り返してゆっくりと過ごしました。

さぁ朝食です。

IMG_1338

夕食、朝食共に美味しかったです。

いかがでしたでしょうか?

私は温泉好きなので目的がお湯だったりしますが、観光もしたいという場合は中継地点として考えた方がいいかと思います。

ゆっくり温泉を楽しみたいという方にお薦めの宿です。