東北地方は1月18日からの暴風雪の影響で、停電や通信障害で今もなお復旧していない地域があるとのニュース。

皆さんのご無事を心から願っております。

東北より上に住んでいる私の地域にもこのような事がいつ起こっても不思議ではありません。

IMG_20160118_182029


少し前の地震の事もあったので防災について考えてみました。 

贅沢な話になるかもしれませんが、やはり実用性も兼ね備えたキャンプ道具としても使える道具で備えたいと思います。

絶対的に必要な物、水、光、火。

最低限これらだけは絶対的存在ですよね?

水に関しては常に4リッターの水が冷蔵庫の中にある様にしてはいますが足りないような気もします。

もしも私が被害に遭遇したのが冬ならば、最悪雪をグラグラっと煮てお湯を飲む事も可能でしょうが、被害の最中お腹を壊すなんて二次災害も嫌ですから備えておいた方がよさそうです。

アマゾンで調べてみましたが、5年保存や7年保存などといった長期保存の備蓄用の保存水が結構あることを知りました。

こんな感じです。

備蓄用 保存水

光に関してはガスランタン、LEDランタン、懐中電灯、キャンドル等あるのでなんとかクリアしていると言っていいかもしれません。

欲を言えばケロシンランタン(灯油)もあれば備えよしでしょうね?




私が備えなければいけないものの本命は火でした。

先日お話ししていた薪ストーブ。
薪ストーブへの憧れと現実

この薪ストーブは本当に滅茶苦茶欲しいのですが、防災用に使うとなると・・・

勿論使える事は確かですが、部屋には煙突を出す場所がありませんので使う場所が限定されます。

沢山の薪を確保することも中々難しいですしね(◎-◎;) 

ガスストーブはキャプテンスタッグのシングルバーナーが一台。

SOTOのツーバーナーが1台。

やってやれない事はないとしても、やはり基本は調理台ですし、しかもガスは寒いと機能が低下して本来の能力を発揮できませんからその辺を考えると灯油ストーブが一番いいのかもしれません。

アウトドア用の灯油ストーブって結構あるんですね〜(・_・ヾ

先人達のご意見と感想を拝見してみました・・・

もっと迷うことに・・・

先人達がお薦めしているストーブはこんな感じの物が多いですね。

まずは武井バーナー。

こちらは高火力で見た目も格好いいです。



しかし少々お値段が張るのと、音が結構大きいらしいです。

続いてスノーピークレインボーストーブ。

 

お値段スノーピークにしてはお安く感じますし何か安心できます。

そしてよくお見かけするのがこちらのアルパカ。

 

サイズや色、火力、お値段等考慮するとありかもしれません。

そして道民ゆえに親しみあるのがコロナ。

 

物心ついた時からコロナは私達を暖めてくれていました。 

プライスも魅力!

そしてトヨトミのレインボー。

 

こちらはお値段も優しいですし、炎が商品名通りレインボーに優しく灯るのが魅力!

キャンプで使える上に防災でも使えるのが目的だとすると、かなり迷いますが私的にはトヨトミのレインボーが一番魅力に感じます。

被害に遭っている時の事を思うと、暖かさや希望や安らぎを求める心境になっているはず。

トヨトミのレインボーは、その炎が希望と安らぎと暖かさをもたらしてくれるのではと思いました。

備えあれば憂い無し。

私も早々に備えたいと思います。

あ、ブロッコリースプラウトも育てていれば非常食になるかも・・・

腹の足しにするには少な過ぎますが((((;゜Д゜)))ブフォ

今話題のブロッコリースプラウト