そんなこんなで危険極まる札幌からの帰り道を無事生還し、家に着くと片付けもそこそこにすぐ寝入ってしまいました。

約20時間の間に3回も身の危険を感じた為、脳で思っているより身体に負担がかかっていたのでしょうね。

翌朝目を覚まし、一服するため外に出て見ると・・・

(((( ;°Д°))))

またしても雪!

IMG_20160218_072346 

埋まっとるやないかいヽ(o`皿′o)ノ

頑張って雪かきします。

これほどの雪の量ならかまくらでも作ってみたいものでしたが、水分を多く含んだ所謂ベタ雪だったためそんな余裕はありません。

頑張る事1時間。

IMG_20160218_165834

スッキリしました(●´∀`●)

車汚いですけどね(汗)

さて、本題に入りたいと思います。

先日札幌のホテルで夜中に寒さと騒音で眠れなかった私は、ベットの中でガッタガタ震えながら翌日の昼食をネットで物色しておりました。

札幌に住んでいた事があるのですが、札幌で辛いラーメンを食べた事がない事に気付きます。 

寒さゆえのHot作なのでしょう。

色々出てきますがどれも結構な移動距離を要するものだったので、その日の私の動線上こちらのお店に決定。

麓郷舎 ロクゴーガッツ  NORUBESA B1F

 
こちらのラーメンは俗に言う次郎系ラーメン。

これもまた私初めてなんです。

今回私が注文したメニューは、地獄ラーメン、萌え地獄。

IMG_20160217_130307

思っているより大した量ではありません。

後でわかった事なのですが、 これをベースに野菜増しだとか肉増しだとかニンニク増しを自分好にカスタマイズするらしいです。

実食!

私的感想。

まず、辛いもの好き目線で言いますと、この萌え地獄は辛くありません。

悶絶地獄というメニューがあったのですが初めてのお店だったので控えたのが失敗だったかも。

スープは旨かったです。 

麺は今まで食べた事の無いものでした。

本場韓国の冷麺を極太にした様な見た目と歯ごたえですが、麺自体に味はそれほど感じられませんでした。

私的にチャーシューが・・・

バラとロースを選べるのですが、今回はバラを注文。

もの凄いボリュームで思ってたより固く、ちょっと苦手な味でした(汗)

まとめますと、他の次郎系を食べた事はありませんが、普通に頼んだやつは一般のラーメン屋の大盛りに満たないくらいの量かと思われますのでガッツリ食べたい方はメニューにある物をただ頼むのではなく、大盛りにしたりカスタマイズした方がいいと思います。

辛いもの好きは萌えではなく悶絶を頼んだ方がいいと思います。 

悶絶食べてないのに無責任かもしれませんが、萌えは普通のラーメン屋さんの辛みそ程度の辛さですので。

他にもカレーやトマトの変わり種ベースもあるので、お好みで自分の味を追求するのも面白いかもしれません。

ごちそう様でした(ー人ー)