(今回の記事はとても私的でキャンプでもギアでもグルメでもない、なんてことはない記事ですのでお時間の許される方のみご覧下さい。)

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

我が街函館も、雪はほとんど溶けて、夏タイヤでも走れるくらいの状態になってきました。

IMG_20160309_181231

そんな小春日和の今朝、虫を見ました。

春ですね(●´∀`●)

しかし浮かれる事なかれ!

北海道はここからが長い(,,#゚Д゚)

油断する訳にはいきません。

そんな春めいてきたつい先日、知り合いのブロガーさんのお子さんがインフルエンザにかかってしまったというお話を聞きました。

Twitterでも『インフルエンザになってもたー』とのつぶやきも散見してました。

インフルエンザが流行っているようなのでくれぐれもお気をつけ下さい。

そしてすでにかかってしまった方は、一刻も早く治りますようお身体お大事になさって下さい。























一方我が家は、3年程前から日本全国で一番のインフレ地であり、アベノミクスが日本全国のどこよりも我が家に直撃します。

特に毎年今頃になると、超インフレでとんでもない事になります。

そのインフレの震源地は何を隠そう私の母なのです。

母『また日本がインフレで凄いんだよ!』

私『えっ・・・』

母『なんだか酷いと子供なんかも死んじゃう子がいるんだって!!』 

私『それって・・・』

母『かわいそうだねぇ〜!』

私『・・・誰が言ってた?』

母『ミヤネさん!』

私『そうか・・・またか・・・』

我が国日本は、およそ3年前、政権交代を成して長きに渡るデフレから脱却すべくアベノミクスを掲げ、安倍内閣総理大臣指揮の元、日銀総裁の黒田氏と強力なタッグを組み、インフレに向け試行錯誤を繰り返し今日に至る訳でありますが、我が家はすでに政府や日銀などを完全無視で超インフレが発生し、日本各地で幼い子供の死者まで出たという顛末に至っております。

私が知っている限り、未だインフレターゲット2%は未達であるはずなのですが・・・

母『インフレは困ったもんだねぇ〜』

母『インフレ恐いね!』

母『あんたもインフレに気を付けなさいよ!』























母さん・・・

日本は3年くらい前から本気でインフレに向け舵取りをしている訳で・・・

しかし日本はデフレ脱出できるかまだわからない状況な訳で・・・

私が気を付けたくらいでインフレがどうにかなる訳でもない訳で・・・

そもそも母さんが言っているのはインフルエンザな訳で・・・

何度も、何年も指摘している訳で・・・

お願いだからそろそろ直して欲しい訳で・・・( TДT)ブワッッ

























〜 〜北の国から〜























私は日本の明るい未来を望む者です。