今回はキャンプとは全く関係しておりませんし、昔話や私の近況なので、お忙しい方やキャンプ関連じゃないならノーサンキューという方はどうぞおかまいなくスルーして下さい。

さて、不幸が重なるはまだ継続中らしく、原因不明の関節痛で動かせない指があったため更新やコメントの返事が出来ず大変失礼いたしました<(__)>

お陰様でクスリが効いた様です。

いや、なんか違いますね・・・

薬が効いた様です。

最近何かと世間をお騒がせしているやつの方では決して御座いません。

漢字かカタカナで大分印象変わってしまうもんですね(滝汗)

ちょうど今から10日位前の朝、起きると同時に指の痛みに気付きました。

この時はまだ動かせない程の痛みではなかったし、ぶつける、突き指、ひねる、圧迫される、強く引っ張られる、YHE!のやり過ぎ、いいね!のし過ぎなど、原因になるような事に身に覚えがなかったので病院には行かず放っておきました。

しかし時間の経過と共に徐々に痛みが増し、私が小学生の時に体験した骨が外れた痛さが頭をよぎりました。

これはもう骨が外れてるんだ!と思った私は病院で診察してもらったのですが、全くもって異常なしとの診断結果。

こいつは絶対にヤブだと思いながら車に戻ろうとしたその時、彼から電話がきたんです。

話を少し戻すとこの診察の日の2〜3日前に彼から『函館に帰るんだけど、土曜日から函館競馬が始まるんだよ、一緒に行かない?』 

私『ん〜ちょっと考えておく』

競馬にあまり興味のない私は、せっかく友達が帰ってくるなら会いたいけども、競馬か〜という思いがあったので決めかねていました。

因に、いつからなのかは分かりませんが、彼の競馬への熱量は私が診察した限り、41℃といったところで命に関わる熱です。

あ、どうせならもう少し彼の情報を皆さんにお伝えします。

彼とは私達が15歳の時からの付き合いなんです。

彼は今も昔も変わりません。

彼は今も昔も挙動不審。

彼は今も昔も突然。

彼は今も昔もシャイ。

彼は今も昔も大胆。

彼は今も昔も雑。

彼は今も昔もピュア。

皆さんはフォレスト・ガンプ 一期一会という映画をご存知だろうか。

f6e2e9e9


私はこの映画が大好きで、一年に2回位は見てしまいます。

私はこの映画を見たとき、真っ先に彼を思い浮かべました。

なんせ彼はこの映画の主人公であるガンプに見た目も似ているからです。

少しだけ。

さらに付け加えると、昔私が彼に『◯◯走れ!』と言うとガンプ氏は何故か条件反射で走りました。

この時フォレスト・ガンプという映画はまだ世にありませんでした。

たった今から本人には内緒で当ブログ内でのみ彼をガンプ氏と呼ぶ事にしようそうしよう。

ガンプ氏とは18歳を境に居場所が変わったためそれ程会えなくなりましたが、昔は良く会っていました。

赤い色が好きなガンプ氏。

大きな赤いバックの中に色んな物をぐちゃぐちゃ詰め込んでいたガンプ氏。

ケンタ◯キーでバイトをしていたガンプ氏。

ある日突然私の家に遊びに来たのですが、私達が気付いた時にはガンプ氏の姿は無く、見た事の無い色のフライドチキンだけが置いてありました。

ある日電車に乗るため、とある駅前でジュースを飲んでいたのですが、空き缶になった缶を突然空に放り投げ、同じ高校の先輩の頭に直撃させ知らないふりをしたガンプ氏。

翌日、その先輩達が私達の教室まで来てお前だろ缶当てたの!と全く別人が喧嘩を売られたけど沈黙の戦艦より沈黙を守っていたガンプ氏。

何故か、とある街の観光大使を勤めているガンプ氏。

シンガーソングライターでもあるガンプ氏。

フォークギターでフォークソングを歌う彼は、ステージに上がると別人と化し、会場とは全く異なる温度感で水を口に含み客席へ撒いて会場を騒然とさせてしまうガンプ氏。

イギリスに一緒に行った仲間のK氏というのが何を隠そうガンプ氏。 

そんなガンプ氏から電話が来たのだ。

ガンプ氏『どうなの?今日来れそう?』

私『行けるよ』 

ガンプ氏『俺もう来てるんだけど、席あるから清掃してきてくれない?』

私『清掃?』

何故競馬場で私が清掃しなければいけないのだ・・・

いや・・

いつも言葉が足りないガンプ氏への対応は行間や空気を読まなくてはいけません。

清掃・・・

・・・

・・・ 

・・・

正装・・・?

私『スーツとか?』

ガンプ氏『ネクタイまではいらないけどスーツにシャツで』

私『わかった1時間くらいで着くと思う』

ガンプ氏『着いたら連絡して!』

ということで行って来ました函館競馬場開催初日!

IMG_20160618_113852


ガンプ氏へ連絡。

入場券を渡し入った下の写真あたりで待機。

IMG_20160618_114000

 
するとガンプ氏はおもむろに現れ、案内するかのように無言で動き出しました。


IMG_20160618_114106
 
すんなり席に案内するつもりではないようです。

売店でおもむろに馬のぬいぐるみを物色しはじめ、ぬいぐるみを見ていた子供達が突然現れたぬいぐるみを物色する大人に少し驚いている事におかまいなしで物色するガンプ氏。

ですがあれだけ物色しておいて気に入る物がなかったのか何も買わずに歩き始めました。

しかし、なんとなく予想はついていましたが、向かった先は馬主と馬主に招待された人のみが入れる馬主席だったのです。

BlogPaint
 

人生初の馬主席へ入る事になり 、競馬も含めギャンブルがあまり好きではない私でもテンションは少し上がりました。

確かに周りに居る人達は少し雰囲気が違います。

馬券を買う購入額も大分違います。

そんな函館競馬場はガンプ氏曰く、海が見える競馬場は全国で函館だけなんだと。

IMG_20160618_115016


馬主席は普通の席より高い所にありますが、そこから見た景色が上の写真です。

確かに海は見えます・・・

これを海が見える(オーシャンビュー)という風に言えるかどうかは個人に差があるのではないかと思います。

もし私がオーシャンビューのホテルを取ってこの程度なら我慢は出来ません。

さて、レポはこの辺にして戦況報告をしていこうと思います。

ガンプ氏は朝9時から来て賭けているそうなんですが今の所戦況は良くないらしいがまだ傷は浅いという事。

せっかくの機会なので私も完全なる勘で戦ってみることにしました。

パドックで馬の状態を確認したいとガンプ氏に申し出ます。

馬主の席から見えるパドックです。

IMG_20160618_135339



意味があるのでしょうか。

函館山から夜景を見るかの如くかなり引きの絵。

馬の番号がやっと見える程度。

これは普通に下々の階で見た方がきちんと見れます。

やはり元々下々の私は下々が合っているという事なのでしょう。

突然ガンプ氏が『勝負する!』

と突然息巻いて馬券を買いにいきました。

ガンプ氏『きそうだ・・・これは来るはずだ!』





















BlogPaint
 

こちらガンプ氏。

お見せ出来ないのが非常に残念ではありますが、フォレスト・ガンプの中でガンプが最愛の女性であるジェニーを亡くした時の表情と重なります。

なんだかんだで負けが混み、ガンプ氏は本番である翌日の日曜日の軍資金にも影響が出る程負けてしまいました。

私はというと、3600円もイカれました(((( ;°Д°))))

しかしガンプ氏の負けは私の数倍であり、競馬新聞に賭けたお金の計算を横目にやはりギャンブルは熱くなってはいけないと再認識できました。

そんな中ふと気がつくと、私達の席の下辺りで何か人がゴチャゴチャしはじめました。

何やら表彰式の様な感じです。

IMG_20160618_153405






ん?






IMG_20160618_153442





ん〜???







 IMG_20160618_153442 


ミスタ君!!

ミスターじゃないの!!!
(一番左の人物)

北海道の方ではない人にはあまり馴染みがないと思いますが、実は彼、【水曜どうでしょう】という番組で一躍有名になった大泉洋氏を発掘したキーマンなのであり出演者なのです!

そして大泉洋氏の所属事務所の会長なんですね。

まさかミスタ君に会えるとは!

ガンプ氏ありがとう!

その後ミスタ君のトークショーが行われ、間近でミスタ君を見る事が出来たのですが、側に居た係員の撮影禁止の看板と、ガンプ氏のミスタ君への興味のなさと、ミスタ君のトークが面白くないという理由からトーク開始から3分程で帰路につくことにした我々。

この時はあんあ事になるとは想像もしていませんでした。

長くなったので次回へと続きますが、次回は以外とあっさり味に仕上げたいと思います。